乾燥肌の対策ブログ

乾燥肌の対策ブログ

スポンサードリンク

かゆくてつらい乾燥肌とさよならする対策として食べ物、スキンケア、化粧品などをいろいろ試して肌質を改善している過程を綴るブログです!

« 2007年01月 | 『乾燥肌の対策』2007年07月 »

『乾燥肌の対策』の最新記事【2007年02月】

【抜粋】自分の肌のタイプが乾燥肌なのか脂性肌か ハッキリとわかっていない人が意外と多くい... 【本文】

自分の肌のタイプが乾燥肌なのか脂性肌か
ハッキリとわかっていない人が意外と多くいます。


乾燥肌なのにオイリー肌だと思いこんで乳液
やクリームを使っていない方もいます。。


特に蒸し暑い夏は皮脂や汗の分泌が増えて
脂っぽくなるので、水分や油分の補給を
怠ってしまいます。


しかし肌の奥は、冷房や紫外線の影響を受けて
乾燥がひどいのです。


隠れ乾燥肌、又はインナードライ肌といいます。
外で汗をハンカチで拭き、エアコンの効いている
室内では、あぶら取り紙を使っています。


そんなことを繰り返しているうちに、
肌はすぐに乾燥してしまいます。
肌にいい湿度は60~65%といわれています。
冷房が効いた室内は、湿度50%以下がほとんどです。


皮脂や角質を取り過ぎてしまい、肌を保護するバリア機能が
低下し水分が蒸発してしまいます。


ニキビが出やすいから脂性肌と簡単に自分の肌タイプを
決めつけない方がいいと思います。


混合肌という方は意外と多いものです。
オイルコントロールと保湿の両方が必要となります

【抜粋】ビタミンB1でストレス対策ができます。 ストレスが溜まってイライラする時がありま... 【本文】

自分の肌のタイプが乾燥肌なのか脂性肌か
ハッキリとわかっていない人が意外と多くいます。


乾燥肌なのにオイリー肌だと思いこんで乳液
やクリームを使っていない方もいます。。


特に蒸し暑い夏は皮脂や汗の分泌が増えて
脂っぽくなるので、水分や油分の補給を
怠ってしまいます。


しかし肌の奥は、冷房や紫外線の影響を受けて
乾燥がひどいのです。


隠れ乾燥肌、又はインナードライ肌といいます。
外で汗をハンカチで拭き、エアコンの効いている
室内では、あぶら取り紙を使っています。


そんなことを繰り返しているうちに、
肌はすぐに乾燥してしまいます。
肌にいい湿度は60~65%といわれています。
冷房が効いた室内は、湿度50%以下がほとんどです。


皮脂や角質を取り過ぎてしまい、肌を保護するバリア機能が
低下し水分が蒸発してしまいます。


ニキビが出やすいから脂性肌と簡単に自分の肌タイプを
決めつけない方がいいと思います。


混合肌という方は意外と多いものです。
オイルコントロールと保湿の両方が必要となります

【抜粋】ストレスがたまると乾燥肌が悪化します。ストレス解消しておまけにダイエットもできるウォーキングがおすすめです! 【本文】

自分の肌のタイプが乾燥肌なのか脂性肌か
ハッキリとわかっていない人が意外と多くいます。


乾燥肌なのにオイリー肌だと思いこんで乳液
やクリームを使っていない方もいます。。


特に蒸し暑い夏は皮脂や汗の分泌が増えて
脂っぽくなるので、水分や油分の補給を
怠ってしまいます。


しかし肌の奥は、冷房や紫外線の影響を受けて
乾燥がひどいのです。


隠れ乾燥肌、又はインナードライ肌といいます。
外で汗をハンカチで拭き、エアコンの効いている
室内では、あぶら取り紙を使っています。


そんなことを繰り返しているうちに、
肌はすぐに乾燥してしまいます。
肌にいい湿度は60~65%といわれています。
冷房が効いた室内は、湿度50%以下がほとんどです。


皮脂や角質を取り過ぎてしまい、肌を保護するバリア機能が
低下し水分が蒸発してしまいます。


ニキビが出やすいから脂性肌と簡単に自分の肌タイプを
決めつけない方がいいと思います。


混合肌という方は意外と多いものです。
オイルコントロールと保湿の両方が必要となります


『乾燥肌の対策ブログ』のサイトトップへ
管理人プロフィール
乾燥肌と戦う
40代☆2児の母とその息子と娘で記事を書いています(^o^)
検索

最近の記事
カテゴリーをチェック