乾燥肌の対策ブログ

『乾燥肌の対策ブログ』のサイトトップへ
 >  『サプリメントで乾燥肌対策』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  乾燥肌対策に有効なヒアルロン酸

スポンサードリンク
スポンサードリンク

乾燥肌対策に有効なヒアルロン酸

乾燥肌対策に有効なヒアルロン酸はじつは限られています。特別なヒアルロン酸じゃないと乾燥肌対策の役には絶たないのです。市販のヒアルロン酸サプリメントや化粧品では不十分だということなのです。

ヒアルロン酸選びに迷ったら、薬剤師の森 孝幸に聞こう!


ヒアルロン酸は細胞と細胞の間にたくさんあります。優れた保水性で細胞の間にたくさんの水分を蓄える働きをします。また、弾力性でクッションの働きをして細胞を守って乾燥肌対策をしてくれます。皮膚、関節液、へその緒、心臓の弁膜、大動脈、腎臓、眼球に存在して役目を果たしています。

ヒアルロン酸、1グラムあたりでなんと、6000mlの水を保持することができるのです。赤ちゃんの肌がプリプリなのはヒアルロン酸を多く含んでいるからです。自然と乾燥肌対策が出来ているのです。

体内のヒアルロン酸は年齢に伴って減少してしまいます。大人のヒアルロン酸は、赤ちゃんの頃と比べてみると1/20以下の量しかないのです。ヒアルロン酸の水溶液は、無色透明です。粘弾性物質と言われており、非常に高い粘性があり、ネバネバしていますヒアルロン酸の粘度は、ヒアルロン酸の長さによって異なり濃度が高く分子量が大きいヒアルロン酸は、ジェルのようにドロっとしています。

☆ヒアルロン酸の体内での主な働きをまとめてみました☆

ヒアルロン酸は、保水性により皮膚の奥のコラーゲンや弾力繊維の細胞間にたっぷり水分を蓄える事により真皮に多く含まれ水分を保持し、しっとりしたやわらかい肌を実現します。ヒアルロン酸が減少して水分が少なくなると、肌の張りがなくなり、皮膚の表面も乾燥してきます。

眼球の内部の硝子体に多く含まれています。粘弾性の特性で、目の内部のクッションの役目や眼球の形を維持する働きもしています。

ヒアルロン酸は、普通100万~800万の分子量があります。分子の世界では、800万というのはものすごく大きなものです。分子量が大きいということは、お肌に浸透しにくいだけでなく、飲んでも吸収されにくいのです。ヒアルロン酸は、皮膚への浸透性が悪く、服用しても、体の中への吸収がとっても悪いのです。

通常のヒアルロン酸は、塗っても飲んでもほとんど効果がないというのが現実です。通常のヒアルロン酸の場合、体への吸収をよくするためにヒアルロン酸を小さいサイズまで分解して、体への吸収率を高めたヒアルロン酸成分を低分子ヒアルロン酸と言います。

ヒアルロン酸選びに迷ったら、薬剤師の森 孝幸に聞こう!

ヒアルロン酸を選ぶ時は、「低分子ヒアルロン酸」と明記してあるものを選ぶと乾燥肌対策がしっかりとできます。

スポンサードリンク

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『乾燥肌の対策ブログ』関連エントリー

乾燥肌対策にはこれ!体の中からヒアルロン酸で潤いを与えて乾燥肌対策しましょう。
乾燥肌対策~ドライシンドローム~ 口が渇くドライマウス、目が乾くドライアイ 肌が...
乾燥肌対策のサプリメントメント 乾燥肌対策にサプリメントメントを飲んでいます。 ...
乾燥肌対策・サプリメント 今回はセラミドで乾燥肌対策をするお話です。 セラミドが...
乾燥肌対策に有効なヒアルロン酸はじつは限られています。特別なヒアルロン酸じゃない...
6大栄養素と言われる、糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維をバ...
乾燥肌対策~オーダーメイドサプリで潤いを!~ 乾燥肌が悪化する原因は、ストレスが...
乾燥肌対策~ヒアルロン酸で乾燥肌改善~ ヒアルロン酸選びに迷ったら、薬剤師の森 ...
『乾燥肌対策に有効なヒアルロン酸』関連エントリー記事

乾燥肌対策にはサプリ(ヒアルロン酸)

乾燥肌がかゆくてかいてばかりいた頃があります。
きちんとした乾燥肌対策が必要です。
膝の裏、お腹とか下着のラインの敏感な部分がかゆみがひどいのです。
薬を塗りながら、その刺激で掻く事も多いのです。
皮膚科でそのことを言うと、「じゃ強い薬をだしておきますね」の一言だけです。
皮膚科に行くことが乾燥肌対策だと思っていたのです。

ヒアルロン酸選びに迷ったら、薬剤師の森 孝幸に聞こう!

皮膚科は、薬をくれるだけの所と思ってしまいました。
原因を究明して乾燥肌対策をしてくれないようです。
いろいろな皮膚科に行ってみましたが
どこも似たり寄ったりという状態でした。


今はテレビの情報番組でいろんな情報が入ります。
とても便利ですが情報に踊らされてしまう事も多いです。
番組見ながら、ネットで検索して乾燥肌対策になる商品を
よく買っています。

原因を知って有効な対策をして、乾燥肌対策をしたいと
思うようになりました。
乾燥肌対策にはヒアルロン酸の補給が大事です。

今はヒアルロン酸で体の中から乾燥肌対策をしています。

乾燥肌対策~ドライシンドローム~

口が渇くドライマウス、目が乾くドライアイ
肌が乾くドライスキン等の全身の乾燥症状を
『ドライシンドローム』と言います。

エアコンによる冷暖房、ストレス、コンピュータ、
テレビ鑑賞、口呼吸、良く噛まない食生活、
欧米型食生活などの生活環境などの問題の他にも
女性ホルモンの働きが関係しています。

お肌を構成するための主成分は、タンパク質です。
外食が多いと充分な量のタンパク質は取ることが
できません。


タンパク質が不足すると、弾力のある
プルプルのお肌にはなりません。
他にも美肌作りにに必要となる栄養素は、
ビタミンAやカロチンです。


皮膚の再生や粘膜を強化してくれます。
ビタミンAが不足すると、皮膚が乾燥するだけでなく、
目の疲れや、目の渇きが気になります。。


肌に弾力がなく目が疲れやすいときは、
ビタミンAやタンパク質の補給を心がけます。
目は体の老化を表すバロメーターです。

コラーゲンやムコ多糖類をサプリメントで
補給して乾燥肌対策をしましょう。


ヒアルロン美潤


 >   >   >  『サプリメントで乾燥肌対策』カテゴリー記事一覧へ
『乾燥肌の対策ブログ』のサイトトップへ
管理人プロフィール
乾燥肌と戦う
40代☆2児の母とその息子と娘で記事を書いています(^o^)
検索

最近の記事
カテゴリーをチェック